トップページ  運転講習のススメ  企業の安全配慮義務

日本では法律において、事業者は安全衛生管理責任として、
予防責任というものを負うことが定められています。
そのなかには、使用者の支配管理下にある物的、
人的な労働災害発生の危険からの防止責任として
安全配慮義務」があるとされています。
(厚生労働省ホームページより)
これは民法上の労働契約等に基づく使用者の
債務であり、この義務を怠って労働災害を
発生させると民事上の損害賠償義務が
生じます。

業務上の交通事故には、さまざまな責任が伴います。
経営上のリスク回避として、「安全配慮義務」対策は欠かせません。
また、安全運転のための研修は、社員一人ひとりの“人間力”ともなるのです。